第46回集積回路技術リテラシー研究会 (夏の合宿)

 

チェア 藤本 竜一 (東芝)
主催 集積回路研究専門委員会
協賛 IEEE Solid-State Circuits Society Japan Chapter
協賛 IEEE Solid-State Circuits Society Kansai Chapter

協賛 東芝メモリ株式会社

 

テーマ: 「マイコンを用いた無線センサシステムの構築」

 

近年,安価なマイコンおよびマイコンへのプログラミング環境が整備され,容易に無線センサシステムの構築が可能となってきた.しかし実際に動作させるには様々なノウハウや工夫が必要とされることもある.今回の合宿では実機を使ってシステムの構築を行い,参加者同士でノウハウや工夫を交換することで無線センサシステムに関する技術と知識の習得を目的とする.

 

今回の実習は東芝メモリ株式会社様の協賛により,FlashAirとセンサーを用いたシステム構築を行ないます.基本的な事項から説明し,ハッカソン・アイデアソン的な時間を設けて自由に設計を行なっていただく予定ですので,初心者からある程度の経験をお持ちの方までご参加いただけます.


開催概要

 

開催日時:平成29年8月28日(月)~30日 (水)
開催会場:グリーンビュー立山

(〒930-1405 富山県中新川郡立山町千寿ケ原)

  アクセスマップ

 

参加申し込み

 

今回は合宿形式のため,当日参加はできません.必ず事前参加登録を行なってください.

 

  • 研究会参加費: 10,000円
  • 宿泊費: 30,000円 (2泊3日,朝夕食を含む)
  • 宿泊費の内訳は1泊あたり宿泊費11,722円,懇親会費 3,428円です.
  • 事前参加登録期限: 2017年7月27日 (木) 8月3日(木) ※参加者が定員に達した場合,期日前でも参加募集を打ち切ることがあります.

 

>>参加申し込みページ<<

 

※ 基本的に3日間通しての参加とします.途中参加,途中離脱についてはご相談下さい.

※オープンエアディスカッションに参加し,30日も宿泊したいという方のために若干の部屋を用意しております.30日も宿泊を希望される方は参加申し込みページで3泊4日を選択下さい.

※ 宿泊は相部屋となります.部屋のアレンジは幹事にお任せいただきますが,ご要望などある場合は参加申込の備考欄に記入するか,担当幹事にメールにてご連絡下さい.可能な限り対応いたします.

※ 参加費は当日現金での支払いのみといたします.領収書は「参加費」「宿泊費」で発行いたしますが,宿泊費と懇親会費の分離等にも対応いたします.準備の都合上,領収書に関するご要望は事前にご連絡ください.

※ 実習に使用する機材は研究会でご用意いたします.

※ 設計演習は各自のPCで行なっていただきますので,ノートPCをご持参下さい.研究会の方で演習用PCの貸し出しなどは対応できかねます.ご了承下さい.

 

プログラム (予定)

 

8月28日(月)

14:00-17:00 座学,ハンズオン

18:00-20:00 夕食 (懇親会)

20:00-22:00 ナイトセッション (ポスター発表)

 

8月29日(火)

10:00-17:00 実習 (アイデアソン)

18:00-20:00 夕食 (懇親会)

20:00-22:00 ナイトセッション (ポスター発表)

 

8月30日(水)

9:00-17:00 オープンエアディスカッション (希望者のみ)

※オープンエアディスカッションに参加されない方は朝食後解散

 

ポスターセッション

 

夕食後にポスターセッションを開催いたします.研究成果のみならず,ノウハウや成功談・失敗談,参加者に教えてもらいたいことなど内容は何でも受け付けます.参加者同士の交流のためにも,積極的にご発表下さい.ポスター発表につきましては,プログラムに著者とタイトルは掲載しますが予稿は作成しません.

 

ポスター発表一覧:

・Tapas Kumar Maiti, Dondee Navarro, Mitiko Miura-Mattausch, and Hans Juergen Mattausch (広島大)
  "GPS-controlled robot"
・伊藤 孝太,田中 稜也,出口 卓己,河添 翔平,福岡 龍人,中野 誠彦 (慶応大)
  「生体電位測定システムにおけるオフチップキャパシタの容量電圧依存性の評価」
・谷島琢磨、中野誠彦 (慶応大)
  「LTspiceを用いたパワーデバイスに対する誘導負荷スイッチング試験シミュレーション」

 

 

オープンエアディスカッション

 

オープンエアディスカッションは,会議室の中ではなく屋外で実際の環境に触れながら,今後の技術課題などを自由に議論するイベントです.

(参加は任意です.研究会参加費とは別途オープンエアディスカッションへの参加費が必要です.)

 

日時: 8月30日 9:30~17:00 (予定)

会場: 立山駅~黒部ダム~立山駅

参加費: 12,000円

 

ディスカッションテーマ「巨大インフラと無線センサー技術」

 

無線センサーシステムの応用として期待されているものの一つにインフラの老朽化や異常の監視がある.特に人手による監視が困難な巨大インフラやアクセス困難な場所の施設において,効率的な管理システムの構築が期待されている.今回は国内でも屈指の規模を誇る巨大施設である黒部ダムを訪問し,そのような巨大インフラ管理の課題ならびに無線センサシステムや集積回路技術がどのように貢献できるかについて議論を行なう.

 

※ 参加費については研究会から領収書を発行いたします.

※ 立山黒部アルペンルートで黒部ダムに移動します.登山やハイキングのような装備は不要ですが,動きやすい服装でお越し下さい.(参考:服装と持ちもの | 黒部ダム観光情報)

 

お問い合わせ

担当幹事:伊藤 浩之 (東工大),土谷 亮 (滋賀県立大)

E-mail: icd-sirf17@mail.ieice.org